どんぶりを挽く 陶芸教室受講生募集

 

たくみブログ - 最新エントリー

お江戸日本橋で奈良を知る

カテゴリ : 
blog
執筆 : 
takumi 2011-3-6 14:13

先日かわかみブログでも紹介された、東京日本橋にある「奈良まほろば館」。

ここでは奈良の特産物販売や各種文化講座を開催しながら奈良の魅力を

発信しているお洒落な施設。

 

突然ですが、このまほろば館で3月19日(土)〜29日(火)までの間に匠の聚でお邪魔

させていただくことになりました。といっても匠の聚の作家さんたちが常駐する訳では

ないのですが、一部の作家さんの作品展示とパネルで匠の聚の紹介を行います。

 

先日まほろば館のスタッフの方が「吉野」をテーマに面白い企画ができないか魅力を

発掘しているのです・・・・と匠の聚を訪れてくれました。

「吉野」といえば・・・、「桜」・「林業」・「歴史」などいろいろなキーワードが連想されますが、

匠の聚では素材として、モチーフに、また豊かなこの自然や人々のつながりといった環境から

得られるエネルギーを作品に投影させて制作している作家さんたちが暮らしていることに

感激されて、ぜひまほろば館で匠の聚を紹介してみませんかというお誘いをいただきました。

 

少しの期間ですが、東京で匠の聚のPRができるなんて・・・嬉しい。

他に吉野杉や桧を利用した特産品や吉野にちなんだ体験もあるようですので、

お近くにお越しの際は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

 

奈良まほろば館  http://www.mahoroba-kan.jp/

イベントチラシはこちら

 

 

無病息災を願って

カテゴリ : 
blog
執筆 : 
takumi 2011-1-15 14:35

今更ですが・・・(ーー;)

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。 

お久し振りの更新です!
 
さて、昨日は匠の聚がある波津地区のとんどが行われました。
今年1年の無病息災を願って、組長が祝詞をあげとんどに点火。
とんどの炎は一気に燃え上がりました。
 
お神酒や組長さんが準備してくれた豚汁をいただきながら
夜遅くまでとんどの火を囲んでいました。
 
今年1年、皆が健康で過ごせますように・・・

今朝は予報どおりの冷え込みで、本当に寒かったですねぇ〜

匠の聚周辺の路面も至る所で凍結し、少し危ない場面にも遭遇し大変でした(^^ゞ 

さてさて、本日より明日香村の県立万葉文化館にて「匠の聚フォトコンテスト2009

入賞作巡回展」を開催しております。

奥吉野を象徴する雄大な自然風景はもちろん、その土地の伝統行事や、

人と人の繋がりを捉えた心に響く作品の数々を展示しています。

お近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さい。

会期:2010年1月14日(木)〜2月9日(火)■毎週水曜日は休館
時間:10:00〜17:30(入館は17:00まで)■入場無料 
会場:奈良県立万葉文化館 ホワイエ
〒634-0103 奈良県高市郡明日香村飛鳥10 TEL 0744-54-1850 FAX 0744-54-1852

 

新年あけましておめでとうございます。
今日から匠の聚も通常通りオープンです。本年もどうぞ宜しくお願いします<m(__)m>
 
今日は、いにま陶房・鈴木智子さんの個展のお知らせです。
温かくかわいい作品たちは、使ってよし!見てるだけでもよし!すごく人気なんです。
 
匠の聚のいにま陶房アトリエで生まれた作品たちは1月13日から2月6日までの間、大阪堺市のama galleryに並びます。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。
 
期間中、月・火・日曜日はお休みです。
 

アクセス:地下鉄御堂筋線なかもず駅より南へ約3キロ

 

 

ama gallery http://ama-gallery.com/

 

 

 

今年も1年、たくさんの方々にお世話になり本当にありがとうございました。

2010年も感謝の気持ちを忘れず、いつまでも楽しんで頂ける

そんな匠の聚になるよう努力致します。

今年5月に匠の聚は生誕10周年を無事に迎えることが出来ました。

これも一重に、皆様のご愛顧の賜物です。

スタッフ一同、心よりお礼申し上げます。

2010年も匠の聚をよろしくお願い申し上げます。

皆さまよいお年をお迎え下さい。

いにま陶房展のご案内

カテゴリ : 
blog
執筆 : 
takumi 2009-3-9 11:31

あったかいですねぇ〜。おかしな冬で、左上アルバムのような景色に

なったのも今年1回だけでしたぁ。匠の聚の桜も今年は3月開花!?かな・・・。

 

今日は陶芸家の鈴木雄一郎さんと鈴木智子さんの作品展の紹介です。

匠の聚内にあるふたりのアトリエの名。≪いにま

すでに知っている方も多いと思いますが、≪モノをつくる人≫の意。

 

吉野の

四季美しい山に

囲まれた川上村に

ある陶房

 

夫婦で

土をこね

土を削り

土をあたため

 

毎日かかすことの

できぬ器だからと

機能性という

土台の上につくられる

ふたりらしい

それぞれの器たち

 

どうぞごらんください。

■ 2009.3.23〜4.4 11am-21pm(毎日曜日休み)

  広島県広島市佐伯区五日市駅前3-4-18(phone:082-943-1523)

   5day's   market     www.5days-market.com

※ 案内状をご希望の方は匠の聚までお問合わせください。

段雛展示はじまる!

カテゴリ : 
blog
執筆 : 
takumi 2009-3-2 14:54

梅の花が見頃の匠の聚では、昨日から段雛展が始まりました。

匠の聚在住の彫刻家/松本鐵太郎氏を講師に、7名の受講生

たちが約2年かけて彫り上げた一刀彫のお雛様。

それぞれに刃物の勢いと角度、また彩色も異なるのでさまざま

な表情が楽しめます。松本鐵太郎氏作の5段飾りや8.5寸立雛

なども展示していますので暖か陽気に誘われて、ぜひ作品たちに

会いにお越しくださいね。

展示期間/平成21年3月1日(日)〜15日(日)まで

AM10:00〜PM5:00(水曜日休館)

ギャラリー併設のカフェでは、眺めのよい景色をたのしみながら、期間

限定のオリジナルメニューをお楽しみいただけます。こちらもぜひどうぞ!

 

≪特産波津茶を添えた 手づくりいちご大福とさくら餅≫350円

※ 上記の和菓子は3月15日(日)までの毎週土・日曜日限定販売となります。

≪甘酸っぱいピンクのフォームドミルクがかわいい  ラズベリーラテ≫350円

展覧会のお知らせ!

カテゴリ : 
blog
執筆 : 
takumi 2009-2-24 17:42

1月の終わりに・・・。えっ!!もう2月の終わりやん。

前回の投稿からあっという間に日が過ぎ去って・・・。

言い訳。良くないですよね

 

さて今日は今月27日から始まる【3ks!】展のお知らせです。

陶芸家/鈴木雄一郎さんと、陶芸家/鈴木智子さん共出展です。

場所は、静岡県の【sahanji+】(サハンジプラス)

関西から少し遠いですが、ご縁があればぜひ立ち寄ってみてください。

全国から、いろいろなジャンルの作家たちが出展し会場を賑やかに彩ります。

キャンドル・陶・布・ガラス・ジュエリー・などなど・・・。

詳しくはHPを見てくださいね。

http://www4.tokai.or.jp/sahanji-plus/

 

とき:平成21年2月27日(金)〜3月29日(日)まで

12:00〜19:00(3/5・3/12・3/19・3/26はお休み)

1月の終わりに。

カテゴリ : 
blog
執筆 : 
takumi 2009-1-31 18:07

こんばんは。嵐のような雨が通り過ぎて、空がどんよ〜り暗くて

妙な静けさが漂う1月の終わり。今年の冬は雪が少ないなぁ。

積もりすぎても困るけど、どうしようもないくらい積もった時って

なぜか嬉しくちょっぴりHIGHなテンションになるんですよねぇ・・。

 

さて今発売中の有名雑誌『HANAKO WEST』に匠の聚の陶芸家

鈴木雄一郎さんと鈴木智子さんが紹介されています。かわいい大人

の生活マガジン『HANAKO』。ご存知の方も多いですよね。

アトリエから生まれる個性的で魅力的な器たち。ふたりの作品は、

それぞれ作風が違うけど、すごく人気があるんですよ。いつもどんな

ことを考え、目指しながら制作しているのか。普段のアトリエでの暮

らしが見えてきます。掲載は3月号でコンビにとかにも売ってますよぉ!

読んでみてね。

 鈴木雄一郎さんは2月5日〜10日まで、東京田園調布の『IN MY BASKET

にて企画展も開催です。

もう少しお待ちくださいm(__)m

カテゴリ : 
blog
執筆 : 
takumi 2009-1-26 16:29

随分間隔が空いてしまいました。(^^ゞ

雪が積もって超寒い日があったり、少し暖かくなってまた寒い日が続いたり

気付けば1月も残りわずか。

 

今日は陶芸家の先生のアトリエ窯場に寄ってみました。

12月末までの間に匠の聚で陶芸教室に参加いただいたみなさまの

作品が、ゴォーゴォーと焚きあがる窯に収まってました。温度計を見ると

698℃。設定の1244℃まで後6〜7時間くらいでしょうか・・・。

それから自然にゆっくり冷まして木曜日頃には窯だしできるので、どんな

感じに仕上がってるのか楽しみです。イベントのご案内でも紹介した、陶板

づくりにご参加いただいた作品も一緒に焼いています。

 

随分長くお待たせして申し訳ありません。窯から出てくるまでもう少しお待ち

くださいね。

(1) 2 3 4 »