匠の聚大賞

『原生林の霧氷』
工藤 峰歳

3枚組


落雪


早い雪


冷気の陽光


【評】
写真というのはいつも世の中の動きだとか時代というものを背景に撮っていくものでもあるし、いつもの年と違ってこれだけ今年みたいに日本全国が言わばトラウマになった年はなかったのではないでしょうか。私たち審査員も精神的に人間性を取り戻すことのできるような美しさというか、トラウマから解放されたいという気が働いていたのかも知れません。そういう意味では今年のイメージに相応しい作品だと思います。落下する雪は偶然なのか少し不思議な感じがしますが、映える赤と、太陽が差し込む作品の背景色がものすごく綺麗です。

<< back     next >>

本サイトに掲載する写真や記事等の無断転載及び複製を固く禁じます。